社内ニートの【最強】転職理由を3つご紹介!仕事がヒマだったからは絶対NG

こんにちは、当ブログ(社内ニート研究室)を運営しているマオー(@akumanomaooo)です。

✔ 社内ニートだけど転職理由が思いつかない
✔ ヒマだからは転職理由にしちゃダメなの?
✔ 社内ニートだけど使える転職理由を教えてほしい!
 
マオー

元社内ニート歴1年以上で転職経験もある私が詳しく解説します。
上記のことでお悩みのあなたへ向けて書きました。

はじめに。

転職理由が思いつかない社内ニートのあなたへ。

社内ニートの転職理由って、ホントに思いつかないですよね…

わたしも社内ニートを「1年」ほど経験してから、転職活動したことがあります。

その時には、転職理由をめちゃくちゃ悩みました。

なので、その気持ちめっちゃわかります!

この記事では、わたしと同じような体験をしているあなたへ向けて記事をかきました。

最後まで読めば、社内ニートでもカンタンに使える転職理由がわかります。

  • 社内ニートを1年経験して転職
  • 総務人事職として転職者の採用担当
  • 社会人3年目の転職活動で「3社から内定」をもらえた

という経験をもとに、社内ニートが使える転職理由を詳しく解説します。

【わたしの社内ニート経験談は下記記事から読めます⇩】

新卒入社の会社で社内ニートと化した話/社内ニート経験談 (syanaineetblog.shop)

ヒマだからを転職理由にするのはアリ?ナシ?

ヒマだから転職するのは結論から言って、「ナシ」です!

一発で不採用になるのでやめましょう。

面接官は、下記のように思うはずです。

  • 仕事を自分からとりにいかないだけでは?
  • 与えられた仕事しかできないタイプか…
  • 会社のせいにするのはダメだな

まてまて!でも本当に会社のせいでヒマになったんだけど!

と思われるでしょうが、現実なのであきらめてください。

面接は言い訳する場ではありませんので。

このようなネガティブなことを言ったが最後、100%落ちます…

必ずポジティブな理由に置き換えることをオススメします。

その点も詳しく解説するので、ご安心くださいね。

社内ニートは発想の転換して転職理由を考える

社内ニートは発想の転換で、転職理由を考えましょう。

たしかに、社内ニートは毎日ヒマで仕事をしていないので、スキルや経験が少ないです。

会社では暇をつぶしていただけだから、

「転職理由なんて何も思いつかない…」

「仕事がヒマだったから転職するなんて言ったら終わる」

と思われるでしょう。

大丈夫です!

安心してください!

発想を変えれば、転職理由はふつうに考えられます。

たとえば、

  • 雑用ばかりしていてヒマ➡スキルアップ可能な会社で仕事したい
  • 仕事をもらえない➡自分の活躍できる環境に身を置きたい

などです。

つまり、「今の環境をより良くするために転職している」ことを伝えましょう。

たしかに、「ヒマだから転職する」だと印象は悪いです。

自分のスキルや人生を好転させるために、転職しようとしていると考えを変えるのがベストと言えます。

また、ウソを言うのもダメです。

ウソはバレてしまうので、少しだけ話を盛るくらいにしましょう。

ポイントはやめる理由ではなく転職理由を伝えること

社内ニートが転職理由を考えるときのポイントは、

辞める理由ではなく転職理由を伝考えること」

です。

この2つは似ているようで違います。

辞める理由は、あなたが今の会社をなぜ退職するのか?についてです。

たとえば、社内ニートなら「仕事が暇すぎて耐えられない」とかでしょうか。

転職理由はたとえば、「今の環境ではこれ以上スキルアップできないから転職する」見たい感じです。

つまり、「転職したらこう変わりたい」という部分を考えましょう。

自分が転職先でどうなりたいのかを明確に話す

先述したように、転職理由は「こう変わりたい」という点を考えます。

転職先の企業で、なりたい自分を想像してください。

たとえば、

  • 毎日仕事ができる
  • やりたい事業を任せてもらえる
  • 昇進やスキルアップできる環境を得られた

などでしょうか。

このように、転職先の企業で「どのように変わらいたいのか」を明確にしましょう。

そうすれば、転職理由もしっかりしたものが出来上がります。

わたしの場合だと、営業職から総務人事職になる際に下記にような転職理由にしました。

自分はどうしても総務人事職の仕事をしたい。今の会社では絶対に総務人事職ができない。若いうちから、できる限り早めに総務人事職のキャリアを積みたい。だから総務人事職のできる会社へ転職したいと思った。

すこし省いていますが、こんな感じです。

実際に元社内ニートが使ったオススメの転職理由3選

ここからは、元社内ニートのわたしが使った「オススメの転職理由」を3つご紹介します。

  1. 今の職場の仕事よりも更にレベルアップした仕事をしたい
  2. 別の職種や業界に転職して今とはちがうキャリアを築きたい
  3. 仕事が完全分業制のためやりがいを持てる仕事をさせてもらえない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

今の職場の仕事よりも更にレベルアップした仕事をしたい

社内ニートにオススメの転職理由「1つ目」は、

「今の職場の仕事よりも更にレベルアップした仕事をしたい」

です。

社内ニートって仕事がヒマじゃないですか。

仕事でスキルアップなんて、夢のまた夢だと思います。

スキルも経験も身につかないので、このままいけばレベルアップできません。

その点を、うまく活用します。

「毎日ルーティン業務が主で、どうしても頭を使った仕事をさせてもらえない!」

「だから転職して自分のスキルを上げたいと考えている。」

という感じで、転職理由を言ってみると良いです。

雑用ばかりの仕事をさせられスキルアップにつながる仕事をさせてもらえない方にピッタリですよ。

別の職種や業界に転職して今とはちがうキャリアを築きたい

社内ニートにオススメの転職理由「2つ目」は、

「別の職種や業界に転職して今とはちがうキャリアを築きたい」

です。

この理由は、勤めている会社の業界や職種を変えてもよい人と思ってる方むけですね。

今とは「ちがうキャリアを歩みたいから転職する」ということを強調します。

そうすれば、社内ニートになってるからではないと伝えやすいです。

後ろ向きではなく、新たなキャリアでがんばりたい前向きな考えで臨みましょう。

決して、社内ニートでヒマだから転職する感じを出してはダメですよ。

仕事が完全分業制のため自分がやりがいを持てる仕事をさせてもらえない

社内ニートにオススメの転職理由「3つ目」は、

「仕事が完全分業制のため自分がやりがいを持てる仕事をさせてもらえない」

です。

たとえば、あなたが雑用しかさせてもらえないとします。

先輩や上司に持っている仕事と、自分の雑用の仕事を完全に分けられた状態と解釈するのです。

よって、仕事の役割分担が明確な、「完全分業制」の職場であるという設定としましょう。

完全分業制の職場、割り当てられた仕事しかできませんよね。

この場合、どうしてもやりがいの持てない、仕事を与えられることもあります。

つまり、あなたは雑用というやりがいの持てない仕事を与えられたので、転職するという理由にするのです。

と言っても、そのまま雑用しかない仕事だったと言うのはNGですよ。

雑用の内容を、「職場の先輩や上司の事務的なサポート」という印象の悪くない内容に変えてくださいね。

まとめ(社内ニートの転職理由)

社内ニートの転職理由でした。

マジで社内ニートって、転職理由を考えるのがむずかしいですよね、

ふつうに考えると、「ヒマだから」という理由しか思いつきません…

ただし!ヒマだった理由にしてしまえば、確実に落ちます。

本当に気を付けてくださいね。

今回ご紹介した転職理由を使えば大丈夫で。

あなたの転職活動が成功することを祈ります。

社内ニート 転職理由 ヒマ
最新情報をチェックしよう!
>社内ニートにおける最高のライフスタイルを真剣に研究

社内ニートにおける最高のライフスタイルを真剣に研究

社内ニートにおける最高のライフスタイルを研究した結果行きついた境地をお届けします。